本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

風邪や発熱によ〜く効く知恵の湿布

38度までの熱には青菜湿布


熱があるときは、氷で額を冷やすよりも、
小松菜やホウレンソウ、またはキャベツなどで冷やす方が、
気持ちがよいし、体にも良いのです。

熱のある額に、青菜やキャベツをのせると、
葉の蒸散作用(葉が水分を水蒸気にして放出すること)で、
額の熱が気持ちよく冷えていきます。
氷の場合は、力づくに「冷却する」という感じですが、
青菜やキャベツの場合は、
「自然に熱が取れていく」という感覚なんです。

また氷で冷やすと、冷たい刺激に
細胞が閉じてしまって、毒素が外へ出ていきませんが、
青菜の場合は蒸散作用で皮膚の細胞も気持ちよく開いて、
毒が排出されるそうです。

青菜湿布の方法は簡単です。
写真のように青菜を額にのせて、タオルで固定するだけです。
青菜が熱でゆだって来たら取り替えます。
1時間もすると写真の小松菜はゆだったようになり、
ぐったりしおれてしまいました。


 

バナースペース



おばあちゃんの知恵を語ります。

 藤村俊二
 第1回 藤村俊二さん 

 橘家円蔵師匠
 第2回 橘家円蔵師匠

 松平直樹
第3回 松平直樹さん

 おばあちゃんの知恵を語る-森山周一郎
第4回 森山周一郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る−山本文郎
第5回 山本文郎さん

 村松英子
第6回 村松英子さん

 大空眞弓
第7回 大空眞弓さん

 おばあちゃんの知恵を語る-川又三智彦
第8回 川又三智彦さん

 おばあちゃんの知恵を語る-ペマ・ギャルポ
第9回 ペマ・ギャルポさん

 おばあちゃんの知恵を語る-細川佳代子
第10回 細川佳代子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-坂上二郎
第11回 坂上二郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る-北斗 晶
第12回 北斗 晶さん

 おばあちゃんの知恵を語る-車だん吉
第13回 車だん吉さん

 おばあちゃんの知恵を語る-矢追 純一
第14回 矢追 純一さん

 おばあちゃんの知恵を語る-及川眠子
第15回 及川眠子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-船井幸雄
第16回 船井幸雄さん

 おばあちゃんの知恵を語る-庄野真代
第17回 庄野真代さん