本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

冷えとりの知恵袋

「干葉湯(ひばゆ)」


干葉湯〔ひばゆ〕は、
昔から伝わる大根の葉で作る、
冷え取りの薬湯です。

大根の葉は栄養が豊富です。
ビタミン、カルシウム、
鉄分などのミネラルや、
ビタミンAのベータカロテンなど、
体を元気にする成分がいっぱい。
干葉湯はこの大根の葉を干して、
葉の滋養をぎゅっと凝縮、
入浴剤に用います。


干葉湯で冷え取り大根葉には体の冷えをとる効果が

干葉湯の作り方は簡単です!

干葉湯は体をじっくり温めますから、
冷えはもちろん、
不妊症にも効くという言い伝えが。
作り方は簡単です。

(1)大根1本分の葉を
   ざく切りにします。
   それを通気性のよいざるなどに
   広げてください。
 
 大根葉でつくる干葉湯
 
      
 大根葉をざくぎりにします大根葉をざくぎりにしますざく切りにした大根葉ざく切りにした大根葉   
  ざく切りにした大根葉をざるに広げます。


(2)ざるにいれて
   1週間ほど陰干しすると
   カラカラに乾燥します。
   それを木綿の袋に包みます。
   (洗濯ネットでも可)
  
   陰干しして乾いた大根葉を布袋に入れます。


(3)袋を湯船に入れてお風呂を
   水から沸かします。
   冷え取り成分は、
   水から沸かすことで抽出できます。

  陰干しして乾いた大根葉を布袋に入れます。
      下へのマーク  
湯船
  
 
   追い炊きできないお風呂の場合は、
   鍋で(2)の葉を煎じて、
   その煎液を湯船に入れてください。
        大根葉を煎じたなべ
湯船

 あとはぽかぽか温まるだけ♪
 ぽかぽか干葉湯であたたまる