本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

風邪の知恵袋

鼻水をとめるには


だらだら流れる鼻水。
止める方法、教えて!おばあちゃん

鼻水が出る


ハイハイ
お答えしまーす。

■その1
「ネギを鼻の下にはる」




ネギの白い部分には鼻の炎症を改善する、
硫化アリルの成分が。
ネギの白い部分を1センチ角に切って、
鼻の下に貼って下さい。
硫化アリルが、
呼吸のたびに鼻の粘膜に作用して、
鼻水が改善されていきますよ。


ねぎ   鼻の下に切ったねぎを貼ります。 
ねぎを小さく切って 鼻の下に貼ります



■その2「たまねぎ湯」





消炎作用や殺菌作用のある、
たまねぎ、しょうが、はちみつを
組み合わせた昔から伝わる、
風邪の鼻の症状の薬湯です。
作り方は簡単です。
たまねぎ1/4個を
皮をむいてすりおろします。
ついでしょうが1片のおろし汁と
大さじ1のはちみつをカップに入れます。
上から熱湯を注いで、
アツアツのうちに飲み干します。

たまねぎしょうがはちみつ


■その3
「大根のおろし汁」
「こんにゃく鼻湿布」





飲んだ薬が効くまで、
一時的に鼻水をとめる方法を
ご紹介します。

・大根のおろし汁
大根をおろした汁を、
綿棒で鼻孔にぬりましょう。

大根おろし綿棒

・コンニャク鼻湿布
こんにゃくをタバコの箱の
大きさに切ってお湯で温めて、
タオルでくるんで鼻を包みます。

大根おろしもコンニャクも、
どちらも一時的なものですが、
飲んだ薬が効くまでの対処として
行ってください。

こんにゃく タオルでくるんで鼻にあてます。