本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

お風呂の知恵袋

生き返る入浴法

電話やメール、はがきなどで、
みなさんからお風呂についての
おばあちゃんの知恵を、
教えてもらいました。
 お風呂で健康


「あなたのバスタイムの
おばあちゃん知恵を
教えてください」


■バスタイムについて
 知恵袋の会のスタッフの知恵です▲

■半身浴は温かで疲れない
冬でもお風呂のお湯の温度を40度くらいにし、
水量は少なめにして入ります。
15分か20分ぐらいゆっくりつかると、
体が芯からホカホカ。
疲労感も取れます。
また、ハーブのオイルを数滴入れたり、
入浴剤で香りを楽しんだり…。
とてもリラックスします。

■手拭いでお風呂遊び
子供のころにやったお風呂の
手拭い遊びです。
手拭いを湯舟の水面に広げ、
両手でいっぱい空気を包みこむように
手拭いの四方をまとめます。
くらげのような、
海坊主のような形になります。
手拭いの表面から小さな泡が
シュワシュワと立ち上ります。
その光景がおもしろい。
表面に石鹸をぬると、
ボコボコ泡が出て
さらにおもしろいのです。


■バスタイムについて  
  〜みなさんの
 おばあちゃんの知恵をご紹介 ▲


●女性が先に入るといい

うちの親は、父親より母親のほうが
先に風呂に入ります。
父親がいうには「女性が先に入ったほうが、
湯がこなれるから」と説明しておりました。
ちょうど、酵素の専門家の先生から、
「女性が先に入ると、酵素の働きで
湯が活性化されます。その後に男性が入ると
健康にいいのです」とアドバイスされました。
そこで、家でもそうしていました。
(高知県・Z) 

●ミント系の香りの入浴剤
入浴剤を入れます。
とくに、花粉症の季節は
ミント系の香りがいいですね。
鼻の通りが良くなり呼吸が楽になるんです。
(秋田県・W)

●キャンドルでムード作り
私はお風呂場に
好みの香りのキャンドルを置き、
バスタイムを楽しんでいます。
電気を消すと、
より幻想的な雰囲気になります。
(福島県・R)

●長湯
私はとにかく長湯で、
毎日2時間くらい半身浴をしています。
本や新聞を持ち込んでいるんです。
もう汗がダクダク。
(群馬県・X)

●有線放送
わが家はお風呂場にも
有線放送をひっぱって流しています。
うちの家族は各自入浴前にリクエストして、
お風呂に入ってゆっくり聞いているんですよ。
(埼玉県・T)

●週に2回はリラックス入浴
あわただしく入浴することが多い毎日です。
週2〜3回はリラックス入浴タイムを
心がけています。
手足を軽くまわしたり、
関節をマッサージして、
体のすみずみまでほぐします。
目をつぶって、ボンヤリしていると、
入浴後の気分もサワヤカ。
気持ちよく、おフトンに入れます。
(北海道・J)

●出る前の軽い掃除
私は、毎日がシャワーで
身体を洗うだけです。
湯舟に湯をためて入るのは
1年に1〜2回だけですね。
出る直前に必ず清掃ブラシで
床面のタイルの目地などをみがき、
せっけんのかすなどの汚れを落とします。  
これだけで、風呂掃除をしないで、
タイルを乾かさなくても、
かびが生えたりヌルヌルしません。
(兵庫県・H)

●耐水性のCDプレイヤー
私は「カラスの行水」でした。
長湯がいいといわれ、
「耐水性のCDプレイヤー」を
買ったんです。
ゆっくり音楽を聞いて入っています。
(群馬県・K)