本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

冷え対策

体の冷えをとる秘訣


冷え対策

■冷えをさける食べ方
【サラダを続けて取らない】
 冷たい麺類やサラダなどを、毎日連続して摂るようなことは、避けるようにしています。とくに、夜はスイカや果物などは、できるだけ食べないようにしています(栃木県・Mさん)


【野菜や果物】
野菜ジュースやフルーツジュースをミキサーで作って飲んだりします。
暑い時でもたまには「お鍋をふ〜ふ〜言って汗をかいて食べるとよい」
といわれているので、時々、実行しています。(東京都・Kさん)


【熱いお茶】
祖母は暑い時でも熱いお茶を飲んでいましたまた、生野菜は冷えるので、できるだけ温野菜を食べるようにしていまた 。(神奈川県・Hさん)


【ホットコーヒー】
喫茶店で、つい、「アイスコーヒー」と言わず、ホットコーヒーにしています。ちょっとしたことが、大事です(東京都・Wさん)


【薬味をいっしょにとる】
唐辛子やにんにくを使った料理を食べます。いつも、しょうがやワサビなど、どんなものを食べるときでも、薬味をいっしょに食べるようにしています(山形県・Aさん)



■体の手入れ
【マッサージ】
かなり、リフレッシュになります。足裏マッサージより、全身をやってもらうほうが、いいですね。マッサージ機より人の手がいいようです。知り合いなどは、整体へ行ってゆがみなどを治してもらっています(東京都・Sさん)


【フット・セラピーの失敗 】
ある有名なフットセラピーのお店に行ったら、その日から体調を崩しました。やはり、自分に「合う合わない」があるようです。整形外科に行ったところ、股関節のズレをなおしてもらい、そのおかげで、肩こりもなくなり、冷えも改善されました。(千葉県・Mさん)


【5本指くつ下】
夏でも、5本指くつ下を履いています。遠赤外線のパットを腰に当ててます。足腰を暖めるのは、体にいいようです(東京都・Kさん)


【冷え対策のヨガ】
友人は、冷えを防止するポーズを日課にしています。「冷え症や体質改善のための、半身浴や乾布摩擦を始めるなら、夏からがよい」と聞きました。(東京都・Bさん)


【お酒を控える】
休刊日と昼寝の日を作っています。早寝をしています。(東京都・Tさん)


【くるぶしを出さない】
外出するとき、出来るだけ、くるぶしを出さないように、素足にならないようにしています。 汗をかいて帰宅したら来たらすぐに着替えるようにしています(和歌山・Nさん)



■冷えとり生活術
【汗をかく】 
知り合いのお相撲さんたちは、毎日、昼寝をしているそうです。夏の暑い日も、かならず湯船につかり、チャンコを食べて、汗をかいてます。たくさん汗をかくことが いいそうです。(東京都・Rさん)


【喉に布をまく】
人によって弱い部分があります。私は咽が弱いので、寝るときには、首にスカーフやタオルを巻いています。お腹が弱い人は腹巻をして寝ているそうです。人それぞれ ですね。(東京都・Oさん)


【手袋】
手袋を、黒、白、生成と三種類持っていて、どれかは、いつもカバンに入れています。ファッションに合わせて使います。指先を冷やさないと、かなり、効果があります。帽子もかぶります。それも、日除けのためでなく、冷え対策のためです。(千葉県・Cさん)


【イメージをして歩く】
運動がいいようです。自転車は熱射病の原因でもありますから、歩くようにしています。とくに、筋肉を意識しています。イメージすることで、血の循環がよくなります。(大阪府・Yさん)


【冷えに敏感な人】
季節に関わらず、体を冷やさないようにしている人がいます。その方は、 冷たいものを飲まないし、下半身を冷やさないようにしています。夏でも薄着にならず、一年中ズボンをはいています。裸足にもなりません。なかなかマネができません。(東京都・Sさん)


【防寒具】
喫茶店、映画館、オフィス、体を冷やす場所が多いです。オフィスや電車など冷房がきつい所対策に上着を持って出かけます。薄い物でも効果があります。(東京都・Sさん)


【父はえらい】
接骨院の先生に「真夏でも必ず湯船につかれ!」と言われ続けていましたが、今年は早々と、脱落しました。「冬に備え、夏に体を冷やさないようにうするとよい」そうです。父は実行しています。早朝などまだ少しでも涼しい時間帯に父は散歩をしています。父はえらいです。(三重県・Pさん)


【スポーツとそのあとの飲み会】
とにかく体を動かす。私のまわりには、スポーツをして、冷え対策している人がいますママさんバレーやバスケット、そのあとの飲み会でも、リフレッシュ!とか…。(東京都・Oさん)


【映画の日】
映画の日、レディースディ(女性が千円)、金券ショップの割引券、試写会の招待券(男性誌が当たりやすい)など、利用して、映画を観ます。防寒具を持って、映画館に暑さと冷えの対策です。(愛媛県・Oさん)


【疲れたら寝る】
疲れたなと思ったら、ビタミン剤を飲んで寝ます。暑くても寝る時は、長袖のパジャマを着るんです。(青森県・Bさん)


【数分間の冷房】
散歩するとき、少し、汗がひく程度に、短時間、冷房のきいた店鋪や駅構内に入り出てくるとスッキリします。冷房の浴びすぎが、よくないのは当然ですね。(兵庫県・ Uさん)


【銭湯】
露天風呂などもいいんでしょうが、歩いていく、昔ながらの銭湯がいいです。冷え対策になります。(大阪府・Oさん)


【早朝に仕事】
夏場は四時ごろに起きます。涼しいうちに、大事な仕事をしてしまいます。
そうなると、気楽になるので、暑い夏もうまく乗り切れます。(埼玉県・Kさん)


【風の通り道】
エアコンがないので扇風機だけで夏をすごします。室内に自然の風をできるだけ取り込めるように、窓の開け方に注意して、「 風の通り道を確保しています。(兵庫県・Nさん)

 
【寒い場所に長くいない】
現在は家ではエアコンは使わないので、冷房のきいた場所に長時間いる機会をつくらないようにしています。 暑くて不快でいらいらすることはあっても、夏に寒くて困ることはありません。ときどき、寒いと思える方がうらやましいくらいです。(大阪府・Lさん)


【弱冷車】
近所のスーパーの地下の食品売り場は寒すぎて体が痛くなるほどです。 長時間バスや、電車に乗っていると、冷房で寒くて困ります。芝居や長時間電車に乗るときは、薄くて軽い上物を持って出かけます。できるだけ、車は弱冷車になります。(東京都・Aさん)


【サポーター持参】
夏、ヒザ当てのサポーターを持っていると、いいです。喫茶店などでも、ヒザを冷やさないと、なぜか、冷え過ぎないようですね。(東京都・Lさん)