本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

お盆のいわれ



みなさんはお盆のいわれを
知っていますか?

昔、お釈迦様の弟子
に目連尊者という方がいらっしゃいました。
この方は神通力に優れた方で、
実の母親が
餓鬼道(飢えと渇きに苦しむ死者の世界)に
落ちていることを知りました。
母親は生前、人に施しをすることもなく、
常に奪い取るばかりの人だったのです。

そこで目連はお釈迦様に
どうすれば自分の母親が
救われるのかをたずねました。
するとお釈迦様は、
夏の修行が終わる7月15日に、
目連が多くの人に施しをすれば、
その功徳で母親が
救われると話されました。
目連がお釈迦様の教えに従い、
その日に多くの修行僧に
飲食物を供養したところ、
目連の母親は極楽往生できたのでした。

以来旧暦の7月15日は
先祖に感謝をし、
供養をする日となりました。
現代ではひと月おくれの
8月15日を中心とする
「月おくれ盆」が、
多くの都市で行われています。