本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

女性の体の手当て

 

どうしたのですか、
辛そうですね。
あらまぁ生理痛ですか。
生理の時は、体を冷やさない
心使いが大切ですよ。
体が冷えると痛みが悪化して
しまいます。
特に今は冷え込みが
厳しい季節です。
十分注意してくださいね。

生理の時には、体の中から
温まるものを食べましょう。
黒豆や大豆の入った
ほかほかのお粥は、
常食すると、生理痛予防に
よいといわれています。
黒豆や大豆に含まれる
イソフラボンが、
女性ホルモンの
エストロゲンに似た働きをして
ホルモンバランスを
調えてくれるからだそうです。
またすりおろした
ショウガとハチミツを
湯飲みに入れて、
熱湯を加えたショウガ湯や、
レモン半個を湯飲みにしぼり、
ハチミツを加えて熱湯を注いだ
レモン湯は、体をぽかぽか
温めてくれる飲み物です。
生理痛を和らげるとともに、
美肌にも効果がありますよ。

生理痛が辛いとき、
お腹や腰を温めると
楽になることは、多くの女性が
経験しています。温める方法は
使い捨てカイロでも
よいのですが、カイロよりも
熱が体の深部にじっくり伝わる
こんにゃくを使った、
昔ながらのおばあちゃんの知恵
もあります。こんにゃく1枚を
鍋に入れてぐつぐつ10分ほど
茹でます。茹でたこんにゃくは
タオル2、3枚に包み、
これを横になってお腹や腰に
当てるのです。
辛かった痛みが、
不思議に和らいでいきますよ。
茹でたてのこんにゃくは
熱いので十分注意して下さい。
また足の親指と人指し指の間の
股の部分をマッサージずると、
生理痛に効果的です。ここには
生理痛に効くといわれる
行間(こうかん)というツボが
あるのです。ツボの正確な位置
がわからなくても、親指と人指
し指の股をもめばOK。
痛みがひどい時は、
バケツか洗面器二個に
水とお湯を張り、
両足を交互につけて、
血行を良くした後で
この部分をマッサージすると、
より効果的です。