本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

あなたがおしえてくれた暮らしの知恵

風邪対策


風邪や体力低下対策の食べ物について 〜知恵袋編集部からのお役立ちメッセージ ▲
■ 風邪のウイルスはビタミンCによって活動が鈍る、といいます。冬至にはゆず湯に入り、カボチャを食べる、瓜を食べる、火燵でミカンは意味があります。昔は黄色いものを食べるといいました。
■ セキが出るとき、炎症をしずめるのですが、羅漢果の粉をなめるといいといいます。氷をひと粒なめるのもいいですね。
■ 冬場の元気はトマトたっぷりのミネストロ・スープや梅干を焼いて食べます。
■ ある会員さんは、漢方薬屋さんでお茶を買うそうです。陳皮、桂皮、丁字、ニッキなどが入っている粉を紅茶にいれて、ミルクティで飲むそうです。葛やショウガもおすすめ。

風邪や体力低下対策の食べ物について  〜みなさんのご意見をご紹介 ▲
●足裏のマッサージ
 寝る前に足の裏のマッサージをすると、体が温まります。竹踏みも良いようです。とにかく足の裏の刺激がいいと思います。(宮城県・L)
●乾布摩擦は夏から
 風邪と花粉症対策に、毎日、乾布摩擦をするようにしています。そうしてから、効果がありました。冬に限らず、一年中やってます。乾布摩擦は寒い時期に、始めるより、暖かい時期に始めるといいんです。(神奈川県・F)
●坂道を歩く
 近所のお年寄りたちと、朝と昼に2回お散歩に行きます。できるだけアップダウンのある場所を歩くようにするんです。(高知県・D)
●家庭菜園で野菜
 私は家庭菜園で作った野菜を食べてます。ただの菜食より、元気です。冬は葉物の元気もいいので、張り切っています。(茨城県・N)
●湯たんぽ
 昔は、だんだんのついた金物の湯たんぽをコンロであたためるのが一苦労でしたが、今はコンニャクのようなジェルで、電子レンジであっためるタイプのものを使っています。翌日の明け方まで温かいです。(静岡県・N)
●足踏み
 私は、寝る前と起きた時に、30分間足踏み体操をして風邪知らずです。何十年も続けてます。(北海道・Y)
●足首マッサージ
 私はヨガをやっています。こつは「痛いけど、気持ちいい」の前でポーズをやめること。ついやり過ぎになります。足首をよくマッサージするのもいいです。(東京都・S)
●足湯
 電気のフットバスで足を暖めています。いわゆる足湯です。疲れた時バケツにアラ塩を入れて、本当の足湯もいいですね。(山形県・A)
●気を抜かない
 どんなに健康に注意していても、ひと仕事終わり、ホッとしているときに風邪をひきやすいです。だから、そのような時こそ気を抜かないようにするのです。(埼玉県・H)
●薄着
 できるだけ薄着でむやみに着込まないことです。(兵庫県・O)
●手湯
 私は『手湯』をしてます。半身浴をしながら、手首をお湯に漬けているんです。冬は手先をあたためるといいです。(東京都・S)
●手もみ
 私は手の指のツメのあたりを良く揉みます。ここには体のツボがあつまっていますから、体調が悪いとわかります。(大阪府・Y)
●首筋を揉む
 私は風呂で、首筋をよく揉みます。それとウォ−キングは欠かしません。腰痛対策です。(東京都・K)
●寝ているときも首にタオルをまく
 いつも風邪の症状はのどからくるので、のどを冷やさないようにしています。 寝ているときも、乾燥した空気を吸い込まないように、首にタオルをまき、マスクをしているんですよ。(兵庫県・H)


風邪や体力低下対策の健康法について  
〜編集部からのお役立ちメッセージ ▲
■ 足を温めることです。半身浴、足湯、足の裏にはツボがたくさんあるので、中央をマッサージするとよいです。
■ 冷えは万病のもとです。とくにお腹を冷やさないことです。最近は「オシャレ下着」があります。昔はいつも、腹巻きをして寝ていたものです。
■ 乾燥肌の方は、入浴後、完全に水分を拭き取らず、保水性の薬剤を塗り、しばらくラップを巻いて、しっとりしてから、ラップをとって、かるく拭き取って寝ましょう。踵のヒビワレもよくなります。
■ 皮膚を鍛えることです。冷水摩擦や乾布摩擦もいいですが、いたずらに皮膚を傷つけないようにしましょう。やはり、「暖房しすぎないこと」がポイント。夏は冷房し過ぎないことと同じです。「ホット・ショック」という温度差によって体調を崩します。

風邪や体力低下対策の健康法について  〜みなさんのご意見をご紹介 ▲
●足裏のマッサージ
 寝る前に足の裏のマッサージをすると、体が温まります。竹踏みも良いようです。とにかく足の裏の刺激がいいと思います。(宮城県・L)
●乾布摩擦は夏から
 風邪と花粉症対策に、毎日、乾布摩擦をするようにしています。そうしてから、効果がありました。冬に限らず、一年中やってます。乾布摩擦は寒い時期に、始めるより、暖かい時期に始めるといいんです。(神奈川県・F)
●坂道を歩く
 近所のお年寄りたちと、朝と昼に2回お散歩に行きます。できるだけアップダウンのある場所を歩くようにするんです。(高知県・D)
●家庭菜園で野菜
 私は家庭菜園で作った野菜を食べてます。ただの菜食より、元気です。冬は葉物の元気もいいので、張り切っています。(茨城県・N)
●湯たんぽ
 昔は、だんだんのついた金物の湯たんぽをコンロであたためるのが一苦労でしたが、今はコンニャクのようなジェルで、電子レンジであっためるタイプのものを使っています。翌日の明け方まで温かいです。(静岡県・N)
●足踏み
 私は、寝る前と起きた時に、30分間足踏み体操をして風邪知らずです。何十年も続けてます。(北海道・Y)
●足首マッサージ
 私はヨガをやっています。こつは「痛いけど、気持ちいい」の前でポーズをやめること。ついやり過ぎになります。足首をよくマッサージするのもいいです。(東京都・S)
●足湯
 電気のフットバスで足を暖めています。いわゆる足湯です。疲れた時バケツにアラ塩を入れて、本当の足湯もいいですね。(山形県・A)
●気を抜かない
 どんなに健康に注意していても、ひと仕事終わり、ホッとしているときに風邪をひきやすいです。だから、そのような時こそ気を抜かないようにするのです。(埼玉県・H)
●薄着
 できるだけ薄着でむやみに着込まないことです。(兵庫県・O)
●手湯
 私は『手湯』をしてます。半身浴をしながら、手首をお湯に漬けているんです。冬は手先をあたためるといいです。(東京都・S)
●手もみ
 私は手の指のツメのあたりを良く揉みます。ここには体のツボがあつまっていますから、体調が悪いとわかります。(大阪府・Y)
●首筋を揉む
 私は風呂で、首筋をよく揉みます。それとウォ−キングは欠かしません。腰痛対策です。(東京都・K)
●寝ているときも首にタオルをまく
 いつも風邪の症状はのどからくるので、のどを冷やさないようにしています。 寝ているときも、乾燥した空気を吸い込まないように、首にタオルをまき、マスクをしているんですよ。(兵庫県・H)


冬のストレス対策の元気を出す方法について
〜編集部からのお役立ちメッセージ ▲
■ 冬は旅行のシーズンです。たとえば、北では魚類がおいしいですね。温泉やスキーもいいです。南は「避寒」で訪れるのもたのしい。 旅行雑誌を買って、旅行の計画をするだけでも楽しくなってきます。
■ コミュニケーションが大事です。大きな声で挨拶をすると、少し元気になります。お友達とグチを言い合うのもいいんじゃないですか? 反対に「冬は内省の時。静かに物思いに耽る」という人もいます。一人旅もいいもの。
■ やっぱり趣味です。しかし、人のためになる趣味だといいです。自分のためだけだと 隠りがちです。こんなとき、ボランティアや環境問題に興味を持ってもいいですね。
■ 軽い運動が大事です。週末のスポーツより、毎日の運動、歩き、ストレッチ、体操などです。筋肉をつけておくと、寒さ対策にもなります。

冬のストレス対策の元気を出す方法について  〜みなさんのご意見をご紹介 ▲
●飲み会
 気心のあう友人知人との飲み会はリフレッシュです。季節に限らないかな…。(東京都・R)
●ママさんバレー
 私は、子育てが一段落したので、ママさんバレーを始め、体を動かしました。友人も増えて、心身ともに健康体になり、ストレス解消にもなりました。(東京都・Y)
●寒いときもさっそうと歩く
 寒いときは、ちぢこまってゆっくり歩きがちです。そうすると、かえって寒いので、背をのばして大股でとにかく速く歩きます。寒そうに歩いている人々を追い抜くと妙にスカッとするんですよ。(兵庫県・H)
●大声で笑う
 私の子供は相撲取りです。私も負けずに、一日に1回は大声で笑うようにしています。(茨木県・P)
●行った気分の旅行
 旅行会社の外にある豪華なパンフレット(写真が豪華なものがいい)をもらって眺めています。行った気になっているんですよ。(山梨県・M)
●映画館であったまる
 暇さえあれば、映画を見に行きます。行き帰りは寒いけど、映画館は暖かいのであったまります。「内容がはずれだった」としても、映画は現実とは別の世界で楽しめていいんですよ。(高知県・V)
●冬晴れの日はせんたく
 冬場の寒い時期の晴れ間に、大量の洗濯をすると、気持ちいいですね。ストレス解消にもなります。(秋田県・Y)
●親同士がカラオケ友だち
 私と友だちの父兄同士で、平日の昼間のカラオケに行きます。年をとると、安くていろいろなサービスがついているのでお得です。特に歌を歌わなくても、個室で井戸端会議を心置きなくできます。これもストレス解消になるようです。(大分県・T)
●デパートめぐり
 夏と冬はデパートを歩いてまわり、ウインドーショッピングでストレス解消します。買わなくたって楽しいですよ。(東京都・W)
●ウインタースポーツ
 寒い時にしかできないスポーツをすることがいいです。スキー、スケートなどですね。(東京都・S)
●スイミングスクール
 私は毎週スイミングスクールに通っています。いつも元気です。もう10年以上続けています。(東京都・J)
●年の瀬の人込み
 お金がないので買い物はしませんが、年の瀬など街に出ます。にぎやかであわただしい人々の動きを見ていると、そのときだけは自分にも元気がわいてくるような気がします。(兵庫県・O)
●気は心
 うちの近所の熊谷は関東で一番暑い、夏の暑さは厳しいんです。だから、寒いときは、真夏の暑さを思い出して…、『あーこんなにすずしくてうれしい!』と思うと、元気がでます。(埼玉県・K)

バナースペース



おばあちゃんの知恵を語ります。

 藤村俊二
 第1回 藤村俊二さん 

 橘家円蔵師匠
 第2回 橘家円蔵師匠

 松平直樹
第3回 松平直樹さん

 おばあちゃんの知恵を語る-森山周一郎
第4回 森山周一郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る−山本文郎
第5回 山本文郎さん

 村松英子
第6回 村松英子さん

 大空眞弓
第7回 大空眞弓さん

 おばあちゃんの知恵を語る-川又三智彦
第8回 川又三智彦さん

 おばあちゃんの知恵を語る-ペマ・ギャルポ
第9回 ペマ・ギャルポさん

 おばあちゃんの知恵を語る-細川佳代子
第10回 細川佳代子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-坂上二郎
第11回 坂上二郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る-北斗 晶
第12回 北斗 晶さん

 おばあちゃんの知恵を語る-車だん吉
第13回 車だん吉さん

 おばあちゃんの知恵を語る-矢追 純一
第14回 矢追 純一さん

 おばあちゃんの知恵を語る-及川眠子
第15回 及川眠子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-船井幸雄
第16回 船井幸雄さん

 おばあちゃんの知恵を語る-庄野真代
第17回 庄野真代さん