本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

風邪や発熱によ〜く効く知恵の湿布

免疫を上げるコンニャク湿布


 

コンニャク湿布は、ぐらぐらゆでたこんにゃくを使って、
内臓の中でも一番重要な肝臓と腎臓を温めて、
肝臓と腎臓の毒素を抜いて、
体の浄化を図る手当てなのです。
お腹をあたためて、免疫力や自然治癒力を活性化させる手当てです。
気になる体の患部に当てても効果があります。

・用意するもの
 こんにゃく2丁、タオル4枚

・湿布のやり方
(1)沸騰したお湯の中にこんにゃく2丁を入れて、
   グラグラ10分ほど煮ます。
   
    
   
   それをそれぞれ2枚のタオルで包みます。
   ゆでたこんにゃくはとても熱いので、
   火傷しないように、くれぐれも気をつけて下さいね。
   
    

(2)タオルにくるんだこんにゃくで、
   まずは肝臓と丹田(おへその9センチほど下)を、
   30分間温めます。

(3)次にタオルを1枚とって、
   左右の腎臓にこんにゃくを当てます。
   こんにゃくは冷めにくいので、
   タオルを1枚とることでまだ湿布に使えます。
   腎臓も30分温めます。

こんにゃくを外す時は、
当てていた部分を、冷たいタオルでサッと拭いてください。
またこんにゃくを当てる時間は、
病状や体力によって調整します。
体が弱っている時は短めに。
使用後のこんにゃくは、
水をはったタッパーに入れて冷蔵庫に保管すると、
こんにゃくが固くなるまで繰り返し使えます。


バナースペース



おばあちゃんの知恵を語ります。

 藤村俊二
 第1回 藤村俊二さん 

 橘家円蔵師匠
 第2回 橘家円蔵師匠

 松平直樹
第3回 松平直樹さん

 おばあちゃんの知恵を語る-森山周一郎
第4回 森山周一郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る−山本文郎
第5回 山本文郎さん

 村松英子
第6回 村松英子さん

 大空眞弓
第7回 大空眞弓さん

 おばあちゃんの知恵を語る-川又三智彦
第8回 川又三智彦さん

 おばあちゃんの知恵を語る-ペマ・ギャルポ
第9回 ペマ・ギャルポさん

 おばあちゃんの知恵を語る-細川佳代子
第10回 細川佳代子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-坂上二郎
第11回 坂上二郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る-北斗 晶
第12回 北斗 晶さん

 おばあちゃんの知恵を語る-車だん吉
第13回 車だん吉さん

 おばあちゃんの知恵を語る-矢追 純一
第14回 矢追 純一さん

 おばあちゃんの知恵を語る-及川眠子
第15回 及川眠子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-船井幸雄
第16回 船井幸雄さん

 おばあちゃんの知恵を語る-庄野真代
第17回 庄野真代さん