本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

虫歯予防


おばあちゃんの知恵が伝える
虫歯の予防法です。



お口の唾液が虫歯を予防



食事をすると、
歯についていた歯垢は
食物の影響で酸性に変化します。
そしてその酸が、
歯の表面を溶かし始めます。
食べてからたった
三分ほどのことですが、
歯がもうむしばまれて、
虫歯になろうとしています。

このまま放っておくと
やがて本格的な虫歯になりますが、
しかし人体は英知のかたまりです。
そうはさせじと、
口の中の唾液が奮闘。
三十分ほどかけて、
溶けた歯をもとの形へ
戻してくれるのです。
唾液には虫歯予防の働きがあり、
しっかりと虫歯を予防してくれます。
いわばお口のガードマン。
ですから唾液が多い人ほど、
虫歯になりにくいのです。

そこでこの原理を踏まえた
虫歯になりにくい
食事の仕方をご紹介します。



それは、よく噛んで、
食べることです。
よく噛むと唾液が
たくさん湧いてきますね。
よく噛めば消化を助けますから、
歯にも胃にも体にも
やさしい食べ方にもなります。
めざせ、ひと口五十回。

またひまな時に、
舌で歯ぐきを
みがくように動かせば、
唾液が口の中にたっぷり湧きます。
これも虫歯予防の良い方法です。
ある歯医者さんは、
「唾液は歯磨きに
ひとしいくらいの力がある」
そう語っていますよ。

■フッ素のパワー

虫歯予防に
だんぜん効果があるのが、
フッ素という成分です。
虫歯のもとである、
歯垢の酸性化を防いだり、
歯そのものを酸性に強くする
強化作用があります。
フッ素はフッ素入りの歯磨きを使えば、
簡単に利用できます。
また緑茶にもフッ素が
入っています。
食後のお茶の一服は
実は虫歯予防を
兼ねていたのです。



■就寝前のワインは厳禁です。

就寝前に、
よく眠れるように飲むお酒を
ナイトキャップといいますが、
中にはナイトキャプを
避けたい種類のものが。
それはワインです。
ワインは酸が強くて、
飲んだ後に歯を磨くことなく
就寝してしまうと、
睡眠中は唾液の分泌がないので、
歯が虫歯になりやすいなのです。
オレンジや、
グレープフルーツなどの
柑橘類の果物も同じです。
寝る前に食べることは控えましょう。