本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

■おばあちゃんの知恵「夏バテ撃退法」

甘酒・梅干しは夏バテの特効薬


             
夏バテに甘酒

昔から伝わる夏バテの
特効薬といえば「甘酒」です。
甘酒は、現代では、
冬の飲み物として有名ですが、
江戸時代では夏バテの
「気つけ薬」として
庶民に愛用されていました。
甘酒にはブドウ糖をはじめ、
ビタミンB1、B2、B6、
アミノ酸にパントテン酸など、
元気になる栄養が一杯です。
病院の点滴と同じ成分なので、
夏バテには最適のドリンク。
今でも甘酒が、
俳句の夏の季語なのは、
昔の名残だという話です。
「体がイマイチ」という時には、
ぜひ甘酒を飲んでみては?

バテた体に梅干しパワー
さて、次にお薦めしたいのが、
疲れに効果がある食品、
「梅干し」で作る「梅醤番茶」。
湯呑みに大さじ半分の
醤油を入れて、
熱々の番茶を注ぎ、
梅干し1個を中にほぐした
飲み物です。
梅干しのクエン酸と、
番茶の抗酸化成分カテキンが、
体をシャキッと
元気にしてくれますよ。
夏風邪の引きはじめにも
効果あり。

また梅干しをペースト状に
潰してガラスのポットに入れ、
中に水を入れてよくかき混ぜた
「梅干し水」も、
熱中症の予防に力を発揮します。
冷蔵庫に冷やして、
少しずつ飲んでいると、
熱暑で失われる体の水分や
塩分の補給になります。
また暑さで体がグロッキーに
なった時もすばやくこの
「梅干し水」を飲みましょう。