本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

あなたがおしえてくれた暮らしの知恵

人間関係

今回の特集は「人間関係」です。ケイタイやパソコンのメール
はパンクするほど多量に飛び交っています。新しいサービスが増えたのに、近所つき
あいや人間関係が希薄になったといわれます。(おばあちゃんの知恵袋の会)

●困った人間関係
●編集部からのお役立ちメッセージ
【通報の姿勢が大事】
 マナー違反にたいするイライラが多いようです。多くの人は注意するれば、ムッと
しますが、けっこう、改める人が多いのではないでしょうか。公共施設、電車、病院
などでは、係員に通報したほうが無難です。

【遠目でも心配する気持ちを持ちつける】
 マナー違反の若者にはなかなか注意できません。でも、見捨ててはいけません。遠
くからでも見守る気持ちが大事です。それを忘れたとき、本当の犯罪が起きます。

【防犯カメラとパトロール】
 最近、どこの町内でも、自警団、夜回り、防犯パトロールが増えました。日本では
「火の用心」があり、外国では「ガーディアン・エンジェル(守護天使)」といいま
す。防犯カメラも多くなりました。この2つで、落書きや空き巣が減りました。

【気分をオーラにしてだす】
 嫌な人間関係の避け方を考えてみましょう。PTAの役員えらびのときなど、なる
べく、やりたくないもの。そんなとき、なるべく、ジミ〜な格好をして、お化粧もめ
だたないようにして出かけます。小さい子供を連れていくのもいいですね。「やりた
くないオーラ」が出ていると、みんながパスしてくれます。

【パーテイは花束をもっていく】
 会費が高いときや形式ばったものは、できるだけパスします。お金だけ払って、気
をつかいにいくのって、バカバカしいわ。でも、パーティなどで、この人にぜひ、あ
いたいというときは、なるべく、二次会から参加します。二次会のほうが気楽でいい
から。お目当ての人へ、その人が好きなお花を花束にして、もっていきます。遅れた
お詫びも兼ねているわけです。

では、みなさんの御意見を紹介しましょう。

【セッカチな人】
 段取りの悪い人がそばにいると、どうもイライラします。電車の中でも遅れたりす
るとイライラします。私がセッカチなんです。ですが、自分の目で他人を見ているん
ですね。(東京都・Wさん)


【自転車の礼儀】
 学生に多いんだけど、自転車の乗り方で、5人ぐらいで走ってくるとき、横に並ん
でしゃべりながらくるんだ。むかしは、そういうとき、縦に一列になったのにね。
(埼玉県・Oさん)

【合わない関係はいるもの】
 子供のころ、親兄弟とはあまり折り合いがよくないので、しょっちゅうイライラ。
家を出てからは平和になりました。スギ花粉と同じで、持ち込んでもダメですね。
(大阪府・Vさん)

【もうひとり詰めて!】
 電車で、6人掛けのイスに、5人でゆったり座っている人たちを見るとハラが立ち
ます。お年寄りがいるとなおさら。譲り合っている人たちを見ると、ホッとしますね。
(山形県・Aさん)

【他人のせいにしないで!】
 幼稚園の先生をしていたころ、私は電車の中やお店で大騒ぎをする子供に「まわり
の人の迷惑になるからやめなさい!」と言っていました。
人の迷惑とはどういうことかは、小さい子でも理解できるのです。(東京都・Rさん)

【挨拶はこちらから】
 同じマンション内などで、挨拶をしても返事もしない人がいますね。
朝からイライラします。でも、私のオバさんは、挨拶をしない人に対しても、 根気
よく挨拶を続けたら、1年間後に挨拶をするようになったそうです。(東京都・Cさ
ん)

【挨拶がトラブル防止】
  友人は、学生6人に部屋を貸しているのですが、「最近の子は、ほとんど挨拶を
しなくなった」と言っています。荷物を預かってもらっても、取りに来るとき、お礼
も言いません。これでは、トラブルが起こったとき、大事になりますね。(東京都・
Dさん)

【受験生がいるのに…】
 マンションに上の階の住人の子供がうるさいんです。「受験生がいるので夜間は静
かにして欲しい」と注意しに行くと…。インターホンごしに「すみません」と言うだ
けです。いまだに、まったく改善されません。(東京都・Fさん)

【趣味の押し付け】
 子供の学校のお母さん方に、「絶対、いいから、韓流ドラマのDVDをいっしょに見
ましょう」と言われたんです。でも、私は韓流ドラマにまったく興味がありません。
しぶしぶ、DVDを見るハメになりました。(東京都・Jさん)
【ゴミ出しのルール】
 わが家は雑居ビルなのです。ゴミを勝手に出す人がいて困っています。じつはわが
家の前はごみ収集所になっています。燃えるゴミも燃えないゴミもごちゃ混ぜにして、
しかも収集日ではないのに出す人がいます。(東京都・Yさん)

【犬の糞】
 犬の糞がで悩んでいます。ある時から、うちの前がどこかの犬のお散歩コースのなっ
たようです。玄関先や門の前に落ちていることがあります。落ち葉の季節に、埋もれ
ていた糞を踏んでしまい、匂いが取れず、靴を捨てました。(東京都・Kさん)

【対策ですが…】 
 近所の電気屋さんの話によると、監視カメラ設置の依頼が増えたそうです。ごみ問
題や糞問題、証拠を押さえるためです。
(東京都・Uさん)


●いい人間関係

●編集部からのお役立ちメッセージ
【お裾分け】
 もらいものは知り合いにお裾分けをするという習慣があります。夕飯の煮物など、
「少し多く作ったので、食べてね」と、近所に配ったものです。

【近所つきあいは防犯】
 最近、近所付き合いを始める団地やマンションが増えたようです。部外者が入って
いくることをさけ、防犯につながります。挨拶に始まり、イベントをやったりします。
顔の見える人間関係を目ざすわけです。


 では、みなさんの御意見を紹介しましょう。

【うるさくするときは前もって】
 マンションの上の部屋に、誕生会などで近所の子供たちが 集まる日は、あらかじ
め、上の住人が挨拶にきます。(東京都・Gさん)

【人の指導がたいへん】
 私の知り合いのお相撲部屋のおかみさんは、メール、電話、荷物等が届いた時はす
ぐにお礼状を書いたり、連絡しています。関取たちにも自分でするように、自己管理
させています。人にさせるのはたいへんですね。(東京都・Rさん)

【団地の理事会】
 ひっこしてきた、団地で友達が一人もいなかったんです。
一度、理事の当番がまわってきたのでやりました。それ以来、友達だらけになり、暮
れには、いろんな人に、おもち、りんご、かき、里いも、イチゴをいただいたんです。
(埼玉県・Xさん)


【ペットがいる関係】
 犬を散歩していると、犬すきの人から声をかけられたりします。また、同じ散歩コー
スの人とも交流ができます。不思議ですね。(東京都・Mさん)

【生花はうれしい】
 生花をもらうのって、いつもうれしいわ。お花は季節ごとに変化がありますから、
同じ人に何度もらっても、そのつど、新しい感激があるものです。ただ、あまり豪華
な鉢植えをもらったらすると、かえって困るわ(山形県・Aさん)

【速達でお礼状が来た】
 ある先生から、墨で書いたハガキを速達でいただきました。お会いした翌日にきた
のには、ビックリ!(東京都・Mさん)

【採れた作物を送ってくる】
 新潟のおばあちゃんが、「うちで採れたよ」といって、野菜、キノコ、山菜をどん
どん送ってきます。何か、目的があるのではなく、ほんとに挨拶がわりです。(東京
都・Lさん)

●懐かしい人間関係
●編集部からのメッセージ
【世話好き】
 いまは、葬式といえば葬祭店がやってくれます。昔は、近所の人、親戚のオバサン
が手伝ってくれました。結婚や見合いの話も、そんな世話好きな人オバサンがいて、
強引にくっつけたものです。

【引っ越しソバ】
 昔はホントにソバを配りました。ほかにも、ハガキ、海苔、半紙、お茶、手ぬぐい
など、ちょっとした挨拶がわりというものがあったのです。
 それから、新聞配達、荷物の配達の人、そういった人に、タバコをひと箱などを心
づけにあげたりしたものです。タバコを吸わない家でさえ、なん箱か用意しておきま
した。
みなさんのご意見を紹介しましょう。
 
【家出のクセがあったけど…】
 いとこの女の子は子供のとき、家出のクセがありました。彼女は、チャッカリお団
子屋さんに入り込んで、お団子をご馳走になってから、連れ戻されていたのです。お
団子屋さんは近所に声をかけて、どこの子か聞いて、自宅まで送り届けてくれました。
(東京都・Oさん)


【同じ電気屋さんが協力した】
 私の父は以前、電気店(日立チェーンストール)をやっていたのです。その昔の三
宅島の大噴火の時に、三宅島にある日立の電気店の人たちが困っていました。そこで、
東京中の日立のお店の人達が、寄付して、 皆で協力したそうです。「同業者が大変
だから」と言い、快く協力しました。(東京都・Rさん)

【三十年前のお礼状】
 三十数年前、父がある寮の寮長をしていたとき、家族も住み込みで生活していまし
た。わたしも寮生といろいろな交流があったのです。いまでも、その 寮生や寮母 だっ
た人から便りがあります。「その節はお世話になって…」と書いてあったのです。
(兵庫県・Hさん)

【紙芝居のおじさんの躾け】
  子供の出入り場所には、監視役がいました。紙芝居のおじさんが、子供達をしつ
けていたのです。「そこ、押さない。そこ、割り込まない。そこ、ずるしない」とい
う感じ。いま、ゲームセンターでもコンビニでも、こんな人がいません。(埼玉県・
Oさん)

【となりの家に上がり込んだ】
 子供のころ、大阪の市場育ちで、隣のオバサンの うちに上がり込み、かってに、
センベイやお茶を御馳走になっていました。(大阪府・Kさん)

【やんわり注意】
 昔、うちの子供が小さいとき、よく、マンションの床をドタドタ走りまわり、階下
の部屋のオジサンから苦情を受けました。その言い方が「少し静かにしたほうがいい
ですね」というようなとても優しくていねいな感じだったのです。私は、とても恐縮
して、子供にいい諭しました。(東京都・Wさん)

【生まれ育ちの場所】
 小・中校のころの同級生が地元にたくさん住んでい ます。40過ぎた今も男女交
えて同級生仲良く付き合っているんですね。年に何回も、飲み会をします。冠婚葬祭
などみんなで協力! 料金は安くしてもらいます。(東京都・Rさん)

●人間関係の整理
●編集部からのメッセージ
【名刺にはもらったときのメモを】
 名前と顔が一致しないとか、どこであった人か思いだせないという時があります。
そこで、もらった名刺などの裏に、日付、場所、話の内容、だれの紹介かを書いてお
きます。ありきたりですが…。すぐ、思いだせて、便利です。オーソドックスがよい
ときもあります。
似顔絵を描くのもいいですね。

【名刺の裏に、こっそり仇名を書いておく】
 もらった名刺がだれだったか、やっぱり、忘れてしまうんです。そこで、印象ぶか
くするために、あった人にコッソリ仇名をつけます。そして、もらった名刺の裏に書
いておくとなかなか効果的です。以前、「タヌキ小父さん」と、仇名をつけ、裏に書
き留めておいた名刺を会場に忘れたことがありました。とっても恥ずかしかったので
すが…。

【親しさを分類します】
 年賀状やお礼状など、たくさんの人に出さなければならないとき、文面を、A、B、
Cに分類します。Aは「偉い人用」、Bは「親しい人」、Cは「義理で出す人」です。
そうすると、迷わなくて、便利です

【宛名だけかいて、眼のつくところに】
 お礼状や大事な返事など、出さなければいけない手紙は、あとになりがちです。だ
から、宛名だけでも書いて、切手を貼って、用意だけして、目立つところに置いてお
きます。出しそびれることがなく、後悔しません。

【他人からきたお礼状をサンプルに利用します】
 あまり親しくない人に、ものをもらうと、返事が面倒です。季節のあいさつを歳時
記などで、いただいたお礼状の文面で、「いいな」と思ったものをとっておきます。
お歳暮やお中元のシーズンなど、その文面を写してしまいます。あとは「ありがとう
ございます」だけですまします。

【自分専用シールを作りましょう】
  自分専用のスタンプやシールを作っている方が多いようです。何種類か作ると、
ポンポンと押すだけで、暖か味がでますね。


みなさんのご意見を紹介します
【子供関係のお礼状は子供にイラストを描かせる】
 子供がお世話になったことなど、子供関係のお礼状が、どうしても多くなります。
そこで、子供にイラストや相手の似顔絵を描かせます。相手が女性のときは、「もっ
と美人に描きなさい」と、アドバイス。そのイラストを適当にレイアウトして、お礼
のコメントを添えます。(佐賀県・Kさん)


【私は「手紙魔」です】
 いま、電子メールやファックスを多く利用しています。でも。とにかく手紙です。
相手の都合を考えなくても送れるので、とても便利です。
お礼はもちろんです。気がついたこと、アドバイス、相手の趣味や仕事に関する資料
になることを送ります。私は「手紙魔」ですから。(東京都・Tさん)

【表のアルバムと裏のアルバムを作ります】
 写真はいいもの以外は捨ててしまいます。いい写真も人に見せられるものと自分だ
けで楽しみたいものがあります。「表のアルバム」と「裏のアルバム」を作るのです。
「表」は人に見せるため。「裏」は自分で楽しむためです。(大阪府・Sさん)

【アドレス帳は分厚くて、しっかりしたもの】
 アドレス帳はしっかりしたものを使っています。買った時は高価だったんですが、
もう15年も使っていて、まだ、使えそうです。ふだん、外で必要な電話番号って10件
ぐらい。それだけ書きぬいておいてます。(東京都・Bさん)

【個人別の袋を作ります】
 よく、情報や手紙をくれる方がいます。イベントのチラシや商品情報などですが、
バラバラになってしまいます。個人別の袋を作っておき、そこに、投げ入れるんです。
アドレス帳に個人の整理番号をつけて、その番号で袋も整理します。関連の資料がひ
とまとめになって、紛失して失礼することはありません。(東京都・Xさん)









バナースペース



おばあちゃんの知恵を語ります。

 藤村俊二
 第1回 藤村俊二さん 

 橘家円蔵師匠
 第2回 橘家円蔵師匠

 松平直樹
第3回 松平直樹さん

 おばあちゃんの知恵を語る-森山周一郎
第4回 森山周一郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る−山本文郎
第5回 山本文郎さん

 村松英子
第6回 村松英子さん

 大空眞弓
第7回 大空眞弓さん

 おばあちゃんの知恵を語る-川又三智彦
第8回 川又三智彦さん

 おばあちゃんの知恵を語る-ペマ・ギャルポ
第9回 ペマ・ギャルポさん

 おばあちゃんの知恵を語る-細川佳代子
第10回 細川佳代子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-坂上二郎
第11回 坂上二郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る-北斗 晶
第12回 北斗 晶さん

 おばあちゃんの知恵を語る-車だん吉
第13回 車だん吉さん

 おばあちゃんの知恵を語る-矢追 純一
第14回 矢追 純一さん

 おばあちゃんの知恵を語る-及川眠子
第15回 及川眠子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-船井幸雄
第16回 船井幸雄さん

 おばあちゃんの知恵を語る-庄野真代
第17回 庄野真代さん