本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

電気代が安くなる使い方

1冷蔵庫の上にモノを置かない
×




冷蔵庫は熱を庫外に放熱することで、
モノを冷やせます。
周囲に隙間がないと放熱できず、
電気代がかかる原因に。
特に冷蔵庫の上はモノを置きがちですね。
5センチから30センチはあけておきましょう。



2冷蔵庫カーテンを作ってつける



冷蔵庫にカーテンをつけると、
開閉時に冷気が流れ出るのを防ぎます。
いったん冷気が流出すると、
再び庫内を冷却するためには、
大きな電力が必要。
というわけで冷蔵庫カーテンは、
電気代を節約してくれるのです。
作り方は簡単。
梱包用のあのプチプチのエアパッキンを
冷蔵室サイズにカットして、
両面テープで貼るだけ。
縦半分に切りこみをつけると、
中のものが取り出しやすいうえに、
開閉時間の短縮にも。



3温度設定は夏でも「中」で十分。

モノを中に詰め込みすぎていない限り、
温度設定は「中」にしておきましょう。
夏場でも庫内整理をすれば中でOK。



4詰め込み過ぎは電気代アップの原因!
庫内の7割利用を心がける。


庫内が食品でぎっしり詰まった状態では、
冷気が循環せず、電気代のアップの原因に。
7割までの状態を心がけると、
循環もよくなり、まんべんなく冷やせます。