本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

 下ごしらえの知恵


■水の中でタマネギの皮を
 むくと涙が出ない

 

水の中で皮をむいたあと、
すぐにタマネギを切ると
目に沁みません。
涙を出す成分の硫化アリルが
水に溶けるためです。


■キャベツをおいしく
シャキシャキするには
 繊維に直角に切る

  

キャベツの繊維部分には
甘み成分が多く入っている。
垂直方向に切ると、
千切りの中に甘い部分と
繊維の硬い部分が
ほどよく混じるので、
シャキシャキ感が増して
おいしく感じるのです。
キャベツの繊維に対して直角に切り、
5分間水にさらすとシャキシャキに


■もちと大根を交互に切ると
包丁がくっつかない


 


■干ししいたけを
 砂糖水で戻すと早く戻る


干ししいたけは
水でじっくり戻すのが基本。
熱い湯につけると早く戻るが
成分が抜けて味が落ちます。
早く戻したいときは
砂糖水をひとつまみ入れた
ぬるま湯につけるとGOOD。


■魚のうろことりに大根


魚のうろこは
大根のヘタなどの切れ端を使うと、
簡単にとれます。
切れ端をうろこに押し当てて
すり上げるだけ。


■イカの皮むきに野菜ネット

野菜やみかんが入っていた
ネットを使って、
いかの皮が短時間で
きれいにむけます。

えんぺらを胴の方へ引きはがすと、
少し皮がむけます。
そこに野菜ネットをあてて
こすると皮がネットに絡んで
短時間できれいにむけます。


■貝の砂抜きには暗所で鉄釘


あさりなどの貝類は
ひと晩塩水につけて
砂を吐かせてから調理します。
鉄釘などの鉄を一緒に入れると、
砂をよく吐き出します。
また暗所などの
暗いほうが砂を吐きだします。
塩は水1000CCに小さじ2程度。


■かきは塩で磨く

かきにはたっぷりの塩をかけて
2〜3分おき、
ザルごとゆすってふり洗いで。
臭みのもとが取り除けます。


■肉に水をかけておくと
 ラクに細切りできる


あらかじめ肉に水をかけておくと
肉が包丁にくっつきません。
肉の細切りもきれいにできる。


■出がらしの茶でレバーの臭みとり


レバーを冷ました
出がらしのお茶の中に、
10分ほど漬けておくと、
生臭さが消えます。
牛乳に10分つけても
同じ効果が。