本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

洗濯の知恵

・おふろの残り湯パワー!
 ちょっとまだぬるいお風呂の残り湯は
 強力な洗濯の助っ人です。
 ついた衣類の汚れは
 20度以上のお湯で落ちやすいからです。
 酵素を使ったバイオ系の洗剤の場合、
 30度くらいで、酵素が働き始めます。
 でもすすぎは新しい水でおこなってね。

・塩で木綿の服の色落ち防止
 洗濯時に洗剤と同量の塩を加えると、
 木綿の色柄ものの衣類の色落ち防止に。

・塩で新品ジーンズの色落ち防止
 ジーンズなどの合成染料の衣類は、
 おろす前にたらいの水に塩大さじ1を
 溶かした塩水にひと晩つけておくと、
 その後の色落ちがおさえられます。
 洗濯機のすすぎのときに、
 酢1カップを加えても同様の効果が。
 塩や酢には色止め効果があるのです。

・黒系衣類は糸くずに気をつけて洗濯
 黒や紺系の衣類は、糸くず付着防止に、
 ネット(ストッキングでの代用可)に入れて
 洗濯するのが基本。うっかり忘れて、
 糸くずや綿ぼこりが
 たくさんついてしまったら
 ミカンやタマネギなどが入っている
 ナイロンの網袋を端からくるくる巻いて
 ボールのようにして衣類をこすると、
 細かいくずまですっきりとれますよ

かしこく洗濯♪