本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

衣類のシミ対策

■シミが付いたら


チョコ、マヨネーズ、カレー等
チョコレートやマヨネーズ、
カレーなどの油性のシミは
慌てて水で濡らさないこと。
まずティッシュでつまみ、
布にのっている汚れを取り除きます。
次に衣類に残った油分は
下にタオルなどの当て布を置き、
ベンジンを布に含ませて
シミの上からからたたきます。
それでも色が残っていたら、
固形石鹸をこすりつけて、
水を含んだ布でたたいてください。


コーヒーや紅茶のシミ
生地の下にタオルを当てて、
糖分の入っていない炭酸水を
たっぷり布に含ませてたたく。
その後おしぼりで
つまむように拭きます。


茶しぶのシミ
早めにレモンでこするか、
酢を含ませた布でふきましょう。


ソースのシミは制汗スプレー
ソースのシミは、
制汗スプレーを吹き付けます。
パウダーをブラシで払ったのち、
ぬれタオルでたたくようにして落とします。
制汗パウダーは吸水性に富むため、
ソースを吸収するのです。


果汁のシミは酢で
果汁のシミを放っておいて
茶色く変色した場合は、
酢を布につけて叩き洗いします。
衣類によっては、
色が抜ける場合もあるので注意。 


ファンデーションのシミは化粧水で
化粧水をコットンに含ませてふき取ります。
あとは湿らせた布でトントンと叩いておく。
ベンジンでもよい。


口紅のシミはバターで
口紅がついた箇所にバターを塗って
軽く揉み洗いします。
下に当て布をして、
アルコールを含ませた布で
丁寧にたたいてもOK。


マニキュアのシミはベンジンかシンナー
ベンジンかシンナーを含ませた布で
たたいて落とした後、漂白します。
除光液は綿やポリエステルなら使用可。
そのほかの生地は傷める恐れあり。