本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

捨てない!余った食材活用法


■「野菜の皮を捨てない」
〜野菜の皮きんぴら

野菜は皮のすぐ下に筋があるため、
煮物料理などの場合は
皮を厚くむかないと
口に残ってしまいますね。
厚めにむいた皮は千切りにして、
サラダや味噌汁、浅漬け、
きんぴらなどに使うとグッド。
無農薬のものだと安心ですが、
湯通しするなどで
農薬はかなり落すことができますよ。

■ブロッコリーの茎、
しいたけの軸もきんぴらに

ブロッコリーの茎は、
かたい皮を厚くむいて、
縦に薄切りにしてきんぴらに。
しいたけの軸は縦に薄く裂いて、
味噌汁やチャーハンに入れます。

■残ったさしみは、ヅケにする 
説明は不要ですね。
お茶づけで食べると、
本当においしいですよ。

■残ったジャムを和食の隠し味に
サバの味噌煮や、鳥の照り焼きなど、
しょうゆや味噌を使う料理の隠し味に
ジャムを使うと、おいしくなります。
ジャムはみそやしょうゆなどの
発酵調味料との相性がいいのです。
冷めたほうが甘みを強く感じるため、
冷めてから食べるお弁当のおかずに最適。
また、照りやとろみが
上手につけられますよ。
ペクチンの抗酸化作用が
ジャムになると
生果実の2倍になっています。

■魚の骨を揚げてカルシウム補給
昔は魚の骨をきれいに食べ残し、
油でからりと揚げて食べていました。
魚の骨のから揚げは、
カルシウム補給に最適です。
サプリメントを
わざわざ買う必要がありません

■魚の煮汁を捨てずにもう一品
カレイや金目ダイを煮た後の汁は、
捨てずに別の料理に利用します。
むかしはよくこの煮汁で
おからを煮ていたものです。
おからが手に入りにくい場合は、
生揚げやはんぺんなどの煮物でもOK。
味の淡い野菜を煮るとおいしい煮物が。
ブリの煮汁は、冷やして煮こごりに。

■残ったひき肉は火を通して冷凍
傷みが早いひき肉は、
火を通して冷凍しておきます。
とくに油を使って痛めてから
冷凍しておくことで
日持ちがよくなります。
肉味噌などの材料にしても良いですね。