本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

たまご料理の知恵

塩で卵をムラなくほぐす

 塩で元気になる 

箸の先に塩をちょっとつけてから
卵をかき混ぜると、
卵白がムラなくほぐせて、
厚焼き玉子の色がきれいに。
フライでは衣のパン粉が
つきやすくなります。



ゆで卵は塩ゆでで黄身を中央に




卵をゆでるときは、
塩少々を入れて
水を沸騰させるだけで
黄身が真ん中に。
箸で転がし続けなくても
OKなので手間いらず。



メレンゲを早く作るコツ
〜卵の白身は冷やすと泡立ちやすい


卵白でケアするとスッキリ

メレンゲを作る際、
卵を手で泡立てるのは
大変な作業ですね。
でも白身をボールに入れて
よく冷やしておくと、
泡立ちがグンと早くなって楽ですよ。



ゆで卵のひび割れ防止に酢を入れる



ゆでている途中に、
ゆで汁の中に酢を入れておくと
ひび割れしない。
酢はタンパク質凝固を
促す働きがあるため、
万一ひびが入っても、
白身が流出しません。



ゆで卵は鍋を揺するとむきやすい



ゆで上がったら一度湯を全部こぼし、
卵だけを入れたまま
鍋をガタガタと揺すって
ひびを入れるとむきやすい。