本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

打ち身に砂糖とジャガイモ


■たんこぶに砂糖水
たんこぶができた男の子のイラスト


頭を強く打って
コブができたら、
砂糖を使って腫れをとります。
砂糖には昔から
熱をとる働きが
あるといわれてきました。
器に適量の砂糖をいれて、
少量の水でペースト状にします。
それを直接こぶに塗ります。
砂糖が垂れないように
気を付けてください。
2時間もすると
塗ったところが乾燥して
腫れが小さくなっていますよ。
乾いたらまた塗ります。
こぶ以外にも、膝、
むこうずねなどの
打ち身にも効きますよ。


■ジャガイモ
じゃがいものイラスト

ジャガイモをすりおろします。
このすりおろしたものが
打ち身に効きます。
次に湿布しても
垂れないように
同じ量の小麦粉を混ぜます。
さらに少量に酢を混ぜて
ガーゼにとって患部を湿布します。
乾いたら交換します。