本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 03-3307-6459

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山2-30-17-1103

冬のウツを撃退する

 



冬は一日の日照時間が短いため
ホルモンや体温のバランスが
崩れやすくなり、
そのため気分が晴れない人や
ウツっぽくなる人が多いといいます。

加えて寒さに体がカチカチで、
血行が滞りやすい季節。
運動をすると血のめぐりが
よくなり、気分が自然と
ほぐれますね。
心の状態と体温や血液の流れに
は密接な関係があるのですが、
冬は寒さの影響で血流が
悪くなりがちで、気分が
落ち込む人もでてきます。

最近気分が晴れないなぁと
感じていたら、
まずはお風呂にたっぷり入って
体をしっかり温めましょう。
その際、大声で好きな歌を
歌えば、心に溜まったマイナス
感情が発散できて、
一石二鳥です。

浴室の電気をすっかり消して、
ロウソクの灯りだけで
お湯につかったり、
お湯にゆずの皮を浮かべて、
香りを胸いっぱいにかいだりと
バスタイムに工夫を
凝らせば楽しさも増します。

お風呂からあがったら、
開脚や前屈のストレッチを
しましょう。
硬く委縮していた
毛細血管が伸びるので、
全身の血行が高まります。
体を柔らかくする運動は、
心によい影響を与えますよ。

笑うことも、
憂鬱な気分解消には最適です。
笑うだけで免疫力も上がり、
心のパワーが強くなることが、
医学的に説明されています。

テレビのお笑い番組が手軽ですが、
寄席に行くと、
イベント的な楽しさも加わって
一層よいでしょう。
また反対に大声で泣くことも、
心の澱を浄化して、
気分解消に役立つそうです。
悲劇や感動的な映画を見て、
思いっきり泣くことも一案です。

よく晴れた日は日光を浴びて、
ホルモンや体温のバランスを
整えましょう。
体温を上げて憂鬱な気分を
吹き飛ばす生活を送れば、
明るい気持ちが甦りますよ。
なお深刻なウツの方は、
必ずお医者様に
相談されて下さいね。