本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

「花粉症を和らげる」おばあちゃんの知恵

ツラい季節をこうしてしのぐ


 
   

くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
花粉症はツラいですね。
でもホンの少しの知恵で、
症状が軽くなったり、
改善されることも。
毎日の暮らしの中で行える
対処法をご紹介します。

■体から花粉をはたき落とす
花粉症は、原因となる
杉花粉を体のまわりから
シャットアウトすることが、
最善の予防策。
外出の際は帽子、マスク、
マフラー、生地がつるつるした
コートを身につけます。
コンタクトの方は
メガネに変えましょう。
帰宅の際は玄関の前で、
全身の花粉を
よくはたき落とします。

お風呂もシャワーではなく、
湯船に入って、
体についた花粉を
しっかり洗い流しましょう。
夜休む際は、
ベッドやお布団のまわりを
水拭きしておくと、
睡眠中の症状が軽くなりますよ。

■鼻づまり対策
鼻づまりは苦しいものですね。
そんな時は口から
深く息を吸って、
ゆっくり吐けるだけ吐いた後に
鼻をつまみます。
空を見て、足元を見るような、
頭を上下にゆっくり
動かす動作を2秒くらい行い、
これを息がギリギリになるまで
繰り返すと、
鼻が通りやすくなっていますよ。
また就寝時、
片方の鼻がつまったら、
つまっていない方の鼻を
下にして横になると、
鼻づまりが楽になります。

■タマネギ、レンコンの
 力を借りる

花粉症によい食品といえば
タマネギです。
毎日食べることで、
ケルセチンという
抗アレルギー成分が、
症状を軽減してくれます。
またタマネギの芯の
白い部分を鼻の前に持って
深呼吸すると、
成分の硫化アリルの働きで、
鼻水や鼻づまりが改善します。
寝る際に枕元に細かく刻んだ
タマネギを置いておくのも
効果的です。

レンコンも頼もしい食品です。
ムチンというヌルヌル成分が
アレルギー症状を抑え、
粘膜を潤して強化する働きが。
食べることで、
体質が改善されていきますよ。
またよく洗ったあとに
皮ごとすりおろし、
その搾り汁を綿棒に浸して
鼻の内部に塗ると、
鼻づまりが改善されます。

花粉で汚れた鼻の中を
スッキリさせたいときは、
塩番茶で鼻の洗浄を。
常温に冷ましたコップ一杯の
番茶に小匙1/2の塩を入れて、
片鼻ずつゆっくり番茶を
吸い込んで、
口から出していきます。
左右交互に行いますが、
鼻の中が爽やかになること
うけ合いです。