本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

全国のおばあちゃんの知恵「花粉症対策」



花粉症対策

全国の知恵袋の会の方々に、ご自分が実践されている「花粉症対策」の知恵をお聞きしました。

・花粉の季節はお風呂は夜

ふだんお風呂は朝に入りますが、この季節だけは夜ですね。寝る前に花粉をしっかり洗い落とします。(三重・Hさん」・28歳)

・空気清浄機大活躍
寝るときは空気清浄機を使うと楽です。花粉対策のものを使っています。(埼玉・Sさん・39歳)

・布団乾燥機
花粉の季節は、外に干さずに、布団乾燥機で間に合わせます。(千葉・Hさん・32歳)

・鼻づまり解消法の寝
右の鼻がつまったときは、左側を下にして横になって寝ます。すると詰まった鼻の通りが良くなるんです。なんでもわきの下の自律神経が圧迫されて、
鼻づまりが解消されるとか。(和歌山・Eさん・23歳)

・ツイッターで話題になった鼻づまり解消法
深く息を吸って、ゆっくりと吐けるだけ息を吐いたら鼻をつまみます。空を見て、地面を見るといった、頭を上下にゆっくり動かす動作を2秒くらいのスピードで行います。これを息がギリギリになるまで続けると、あらあら鼻づまりが解消されます。(京都・Nさん・23歳)

・目がかゆいときは冷たいタオル
目をかくと炎症が悪化してしまうので、水をしぼったタオルを目に乗せて冷やしています。(東京・Tさん・45歳)

・コンタクトをやめてメガネにする
この時期は、花粉が目に入るのから守ってくれるので、コンタクトはやめてメガネにしています。(京都・Fさん・41歳)

・布団干しは午前中プラス掃除機
花粉の量が少ない午前中に干して、取り入れた後は布団についた花粉をよく払い、最後に掃除機で吸いとります。(茨木・Yさん・36歳)

・晴れた日は寄り道しない
晴れた日で気温が高い日は、花粉日です。会社が終わっても、そのまま直帰。あまり出歩かないようにしています。(東京・Sさん・36歳)

・前日雨だった日は要注意
前日が雨だった日は、天候の回復とともに花粉が舞うそうですから、
準備をきっちりして会社に向かいます。(大阪・Fさん・26歳)

・枕まわりを水拭き
寝る前に、ベッドのまわりを水拭きします。また枕もとも丁寧にウエットティシュで花粉をふき取ります。(大阪・Aさん・37歳)

・三種の神器
外出時は必ず帽子・メガネ・マスクを身につけています。コートも花粉が付着しにくいツルツルした素材を来ています。(千葉・Fさん・34歳)

・午後1時から3時は出歩かない
花粉の飛散の多い時間帯は午後1時から3時頃らしいですね。私は営業職ではないので、この時間は会社でも極力外に出ません。(東京・Mさん・32歳)

・ドアと窓をきちんと閉める
基本中の基本ですが、花粉の季節は、きちんとドアや窓を閉めて、花粉を締め出しています。時々息苦しくなる時がありますが。(岩手・Nさん・34歳)

・玄関で完全に払う
外出しての帰宅時は、服やバッグについた花粉を、
ブラシではらってから室内へ。うっかりこれを忘れると、すごいくしゃみで夜寝れません。(神奈川・Kさん・41歳)

・洗顔やうがい、鼻の洗
朝と就寝前は花の洗浄を心がけてます。外出して帰宅したら、鼻の洗浄に洗顔とうがいを加えます。(東京・Oさん・45歳)

・パソコン作業中は時々目を休める
パソコンワークの時は、眼の炎症に気を付けて、時々目の休息をとっています。(神奈川・Sさん・39歳)

・服装を考える
花粉の季節は、ウールなどは花粉がつきやすいのでNGです。コートは花粉がつきにくいつるつるのものを選んでいます。 つば広の帽子は、顔や髪に花粉がつくのを抑えることができます。(茨木・Uさん・33歳)

・加湿器
花粉のシーズンは部屋に加湿器を置いています。鼻炎が楽になるような気がします。(東京・Kさん・45歳)

・鼻腔拡張テープ
安眠には鼻腔拡張テープが欠かせません。これがないと鼻が詰まって口呼吸してしまい、口がからからに。(大阪・Yさん・46歳)

・風邪予防のマスクを使う
花粉症用のマスクよりも、風邪ウイルスを阻止する風邪予防マスクの方が、目が細かいそうなので、断然花粉対策には向いているそうです。(埼玉・Wさん・43歳)

★花粉症がツライ方は、体が冷えていることも多いとか
体を芯から温めて、この季節を乗り切りましょう。枇杷の葉には、体を温める成分がたっぷり。枇杷葉のお風呂で冷えた体をほぐしましょう。「枇杷葉の風呂」の天然ヒノキの香りに心身はリラックス。ああよい気分♪。(知恵袋の会からの宣伝)