本文へスキップ

二日酔い解消法

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

朝スッキリ!の4つの方法


   
    二日酔いで苦しむイラスト

■解消法その1
「大根おろししょうが」


 大根おろしのイラストすりおろしショウガのイラスト

昔から二日酔いによいとされてきたのが、大根おろしと、しょうがのおろし汁をいっしょに飲む「大根おろししょうが」です。アルコールで荒れた胃をスッキリさせる、大根酵素のジアスターゼと、吐き気・頭痛を抑える、生姜の成分ジンゲロールの力で、二日酔いで弱った頭と体を、シャキッとさせてくれますよ。

作り方は簡単です。大根おろしカップ1/2と、1片分のしょうがのおろし汁を、湯のみに入れて混ぜ合わせるだけ。それをぐいっと、一気に飲みましょう。どんより曇ったような二日酔いの朝が、だんだん爽やかになってきますよ。

■解消法その2「しじみ汁」

  しじみ汁のイラスト」

二日酔いの体調不良を、朝のしじみ汁によって救われた方は多いはず。しじみにはアミノ酸の一種のオルニチンが含まれています。このオルニチンには、弱った肝機能を高めてくれる働きが。昔から「二日酔いにはしじみ」と言われてきましたが、それにはきちんとした理由があったのです。

 しじみのイラスト

しじみ汁の作り方はとてもシンプル。
(1人分)
用意するしじみは砂出しをしたもの60g。洗って水をきったしたしじみと、水1カップを入れて火にかけます。しじみの口があいたらあくをとり、みそ大さじ1弱をといてください。しじみは冷凍すると、うまみ成分のグルタミン酸が増えるので、冷凍して使用するようにしましょう。

■解消法3「緑茶」

 緑茶のイラスト

二日酔いの朝は、飲むならコーヒーよりも、緑茶を飲みましょう。二日酔いの元凶は、アセトアルデヒドですが、緑茶に含まれるタンニンが、このアセトアルデヒドを分解してくれるのです。また緑茶には利尿作用が。排尿により、アルコールの排出を促します。緑茶はこうしてみると、二日酔いに力を持った飲み物ですね。

鎌倉幕府三代将軍・源実朝は、ある日二日酔いでしたが、臨済宗開祖の栄西の勧めたお茶で、症状をなおしたというくだりが、鎌倉幕府史の「吾妻鏡」にあります。

なおこの緑茶を煎じると、さらに効果がパワーアップ。緑茶の成分タンニンが濃密になり、アセトアルデヒトを強力分解。さらに利尿作用でアルコールを、体の外へ排泄します。

・煎じ方
1鍋に緑茶の葉10グラムと、600tの水を入れて中火にかけます。
2水分が半減するまで煎じます。

解消法4「トマトジュース」

 トマトジュースのイラスト

トマトジュースは、二日酔い時の頼れる用心棒です。ビタミンEの4倍もの抗酸化力を誇る成分のリコピンが
二日酔いの犯人、アセトアルデヒドの働きを、ストップさせるとともに、リンゴ酸やクエン酸が、胃を元気に力づけてくれるのです。二日酔いの朝は、体がからからに乾いていますね。アルコールは体内の水分を
奪う作用が。二日酔いの朝は、栄養たっぷりのトマトジュースで1日をはじめましょう。