本文へスキップ

湯たんぽで冷え取り

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

湯たんぽには大きな熱量が


湯たんぽで冷え取りを教えるおばあちゃんのイラスト

・電気毛布よりも大きい
 湯たんぽの熱量

湯たんぽのイラスト
昔ながらの体を温める器具、ゆたんぽは電気を使わないので経済的。しかも冷え取り効力がバツグンなのです。というのも、 お湯が2リットル入るの湯たんぽの1時間あたりの熱量は、なんと約13万キロカロリー。これは電気毛布の、約2.3倍に当たります。

またストーブなどの暖房器具は室内が乾燥しますし、電気毛布は肌が乾きますが、そうした心配がない点も、湯たんぽの特長です。冷め方もゆっくりで、寒い夜でも翌朝までまだ温かい熱の持続力も魅力。天然ゴム製の湯たんぽを使えば、ゆたんぽから遠赤外線が出るので、冷え取り効果も倍増です。
 
 湯たんぽを使う女性のイラスト

・冷えをとる
 ㊙ゆたんぽの使い方


1大きめの湯たんぽを使う
健康効果を考えるなら、容量が大きい湯たんぽが理想的。容量が小さいと冷めやすいからです。使うなら2リットル入りのものをお薦めします。
 
2沸騰したお湯を使う

3日中も使う
眠るとき以外にも、デスクワークの間、足裏に当てたりするなど、日中も湯たんぽを使用すれば、体の冷えは取れていきます。

4お腹・太もも・お尻なども温める
昼間使う時は、足などの冷える部分だけを温めるのではなく、おなか、太もも、お尻と、湯たんぽを移動させることで、体がバランスよく熱を保ちます。湯たんぽを効果的に使うと、冷え体質も大幅に改善できますよ。