本文へスキップ

足湯で疲れスッキリ

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

38度から40度のぬる湯で


足湯の効能を語るおばあちゃんのイラスト

足はからだの血液循環のかなめ。足湯で脚部の血行が促進されると、全身の細胞に、新鮮な血液が行きわたって、疲れがとれます。むくみの解消にも。

・足湯の方法

足湯で疲れを取る女性のイラスト

足湯は38度から40度のぬるいお湯に足をつけて、冷めてきたらお湯を足していきます。あら塩ひとつまみを入れると、お湯が冷めにくいとされています。お風呂場で洗面器を用いて行うと、簡単にできますよ。