本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 03-3307-6459

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山2-30-17-1103

熱中症になったら




熱中症はここを冷やす

熱中症は、暑さによって
体内の水分と塩分の
バランスが崩れることで生じます。
バランスが崩れると
体は体温調節ができなくなり、
さまざまな不調が出てきます。
「体が変だな」と
気がついた時点では
相当進んでいるため、
早めに変調に
気が付くことが大切です。
屋外だけではなく、
屋内でかかることが多いため、
家にいるからと言って
安心はできません。

●まずココを冷やす
変調を感じたら
すぐに首回りを冷やします。
頸動脈の血液を冷やすと、
ここは全身をめぐる血液ですから
スピーディに体温を下げられます。
手首足首の動脈部分も
しっかり冷やします。

●予防に「梅干し水」
梅干し水は、
水分と塩分を補給する
手製のドリンクです。
梅ぼし1個をつぶしてペースト状にして
ガラスのポットに入れ、
500tの水を加えてよくかき混ぜます。
冷蔵庫に冷やして、
少しずつ一日で飲むようにすれば、
熱暑で失われがちな水分と塩分が
常に補給できます。