本文へスキップ

NPOおばあちゃんの知恵袋の会は我が国に伝わる健康の知恵や暮らしの知恵を、次世代へと伝えていく特定非営利活動法人です。

TEL. 0977-72-6004

〒879-1505大分県速見郡日出町
川崎1612番地1

■お風呂で毒だし





おやおや、お疲れモードの顔ですね。
こういうときは、
お風呂にじっくりつかって、
体の毒素を流し去りましょう。

若い人の中には、湯船を使わず、
シャワーだけですませる人もいますが、
シャワーでは体の汚れが落ちるだけ。
体の毒素は抜けませんので注意してね。

健康を維持するには、
お風呂は40度前後のぬるめのお湯に。
最低でも中に、
10分間はつかりましょう。
血管が広がって血流も促進され、
体内に滞った老廃物が排泄されます。
夜もぐっすり眠れますよ。


冷え性改善の干場湯(ひばゆ)
お風呂に薬草などの入浴剤を入れると
毒出しはさらにパワーアップしますよ。

大根の葉をカラカラに日干しした
「干場湯(ひばゆ)」は、
体の新陳代謝を高めて、
冷え症の改善をしてくれる、
昔から伝わる健康湯です。
作り方は簡単
ベランダなどでカラカラに干した
大根の葉をネットや布袋に入れて、
湯船に浮かべるだけです。
今から干場湯に入っていれば、
今年の冬の冷え対策になること
請け合いです。


高パワーのにんにく風呂
風邪を引きやすかったり、
疲れやすかったりする人に、
お奨めなのが「にんにく風呂」。
生のにんにく5,6片を、
皮付きのままネットに入れて、
湯船に浮かべます。
にんにく風呂は湯上りがポカポカ。
なかなか湯冷めをしませんよ。
臭いもさほど気にならないので、
元気をつけたい人は、
ぜひ試してみては。
ただし人によっては
刺激が強い場合もありますので、
その場合はすぐに中止して下さいね。


ツルツルお肌を作る酒風
さて、血行を促進して
ツルツルのお肌を作る美肌湯が
「酒風呂」です。
お酒に含まれるアミノ酸成分は、
美肌の素。
作り方も、日本酒四合を
ぬるめのお湯に入れるだけです。
お酒好きからは「もったいない」
という声が聞こえてきそうですが、
冷えをとり、肌を磨くその効果を
体験すると、さすがに
語り伝えられてきた伝統の湯と
納得です。

お風呂は本当に、
日本の健康文化ですねー。


もともと日本のお風呂は、
自然の洞穴を熱して、
そこへ海水などを打って
蒸気を満たした、
サウナのようなものが
起源だったということです。
その洞穴をさす「室(むろ)」という
語が「ふろ」に変化したと
いわれています。
古代人がサウナ。
日本人は昔から、
健康的な民族だったのですね。

バナースペース



おばあちゃんの知恵を語ります。

 藤村俊二
 第1回 藤村俊二さん 

 橘家円蔵師匠
 第2回 橘家円蔵師匠

 松平直樹
第3回 松平直樹さん

 おばあちゃんの知恵を語る-森山周一郎
第4回 森山周一郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る−山本文郎
第5回 山本文郎さん

 村松英子
第6回 村松英子さん

 大空眞弓
第7回 大空眞弓さん

 おばあちゃんの知恵を語る-川又三智彦
第8回 川又三智彦さん

 おばあちゃんの知恵を語る-ペマ・ギャルポ
第9回 ペマ・ギャルポさん

 おばあちゃんの知恵を語る-細川佳代子
第10回 細川佳代子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-坂上二郎
第11回 坂上二郎さん

 おばあちゃんの知恵を語る-北斗 晶
第12回 北斗 晶さん

 おばあちゃんの知恵を語る-車だん吉
第13回 車だん吉さん

 おばあちゃんの知恵を語る-矢追 純一
第14回 矢追 純一さん

 おばあちゃんの知恵を語る-及川眠子
第15回 及川眠子さん

 おばあちゃんの知恵を語る-船井幸雄
第16回 船井幸雄さん

 おばあちゃんの知恵を語る-庄野真代
第17回 庄野真代さん